区分認定

まだまだ誕生日まではだいぶ月日があるアリスですが、
区分認定が決まらないと対象となる事業所も絞れない

・・・・ということで、
もうすぐ区分認定の調査があります

先輩母や
ネットでいろいろ情報は得ているのですが・・・

正確な情報を見ておくために
「障害程度区分認定ハンドブック」買うべきかなぁ
4000千円近くするのでちょっと躊躇

「知的は軽くしか判定でない」って話もよく聞くけれど
実はそうでもないような・・・

多動があって目が離せなければ、「移動」は全介助
(車いすでも自分で操作して問題なく動ければ全介助にはならない)

つめこみ早食いのどに詰まらせむせるなら、
「嚥下」は見守り
介助方法次第で
「飲食」「飲水」は全介助の可能性大いにある

う~ん
「何ができるか」じゃなくて
「どんだけ介助に時間と手間がかかるか」って事が論点か

だから、
卓上に出てくるまでに加工されていると軽く判定されるけど、
卓上で加工すると一部介助になるのか

変なの。
台所で小さくしようが、卓上でしようが、手間は一緒なのに。
というか、家ではどっちで加工するかなんて、その時の都合や気分かも。
ま、そういう時は、「卓上で小さくしています」と言えばいいわけだ。

「移乗」も椅子ごと倒れるので椅子を支えてれば、見守り?一部介助?

「排便」も浣腸使えば全介助
興奮強すぎて、いきんだり集中できず便秘になり使う場合でも該当か?

これに行動障害項目がたくさん該当すれば
普通に区分5や6は簡単に出そう

う~ん・・・・
やはりこれは、
持ち込んで、調査員の人と確認しながらチェックするためにも
「障害程度区分認定ハンドブック」買ったほうがいいかな?

この記事へのコメント