チャリティー:生海苔摘み取り体験会だって

海苔好きな方に・・・・・近くなら行きたいぞ!!

東京海洋大学のHPから勝手に引用デス。
生海苔の摘み取りとは・・・ゴメン。見当もつきません。

超都会にありますが、お世辞にも綺麗とはいえない大学らしいです。
猫がたくさん生息していて、道端に魚が落ちているそうです。ホントか?
恐竜ならぬクジラの骨が見られるかも。

そういえば、大昔、農工大の農学部には野生の鶏が生息していて、
ちゃちゃっと飛んで木の枝にとまっていたっけ。今もいるのだろうか?

  *****************************************

3月11日の東日本大震災で被害を受けた東北・関東の漁業者支援のため、東京海洋大学江戸前ESD協議会は、東京湾・三番瀬の海苔生産者、福田武司さんといっしょに

チャリティーイベント「生海苔の摘み取り体験会」を開催いたします。

東日本大地震では東京湾にも津波が到来し、千葉県側全域で行われている海苔漁業は大きな打撃を受けました。
福田さんの海苔網も、品質には問題がないのにも係わらず、通常の刈り取りができなくなり、今シーズンの海苔生産を断念しました。そして「被災された漁業者のために何かしたい」との想いから、残された海苔網を利用しての本イベントを企画しました。
 ・ 三番瀬の生海苔を摘み取り、「江戸前の味覚」を体験する、絶好の機会です。
 ・ いただいた義捐金は漁協を通して、被災地の漁業の復興に役立てていただきます。
 ・ 大学内は桜も見ごろです。みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日時: 2011年4月10日(日)および11日(月)10:30~海苔がなくなり次第終了。
場所: 東京海洋大学 品川キャンパス 中部(なかべ)講堂(こうどう)前周辺(正門からまっすぐ歩くと、右手にあります。)
・品川キャンパス(東京都港区港南4-5-7)の最寄駅はJR・京急品川駅もしくはモノレール天王洲駅です
・雨天時は、屋内での予定ですが、詳しい場所は当日、現地でご案内いたします。

お問い合わせ先: 東京海洋大学大学院・修士2年 宮本 真規子(電子メール makimaki_nita@yahoo.co.jp) .

この記事へのコメント