浜岡原発。なんとも中途半端な、そしてとても不安

浜岡原発って、あくまでも津波対策、防潮堤ができるまでの停止なのね。

でも、直下型の震源域にあって、そもそも耐震性にも疑問符が。

より信頼性を高めるためっていうのも、よく意味が分からないけれど、
今さら耐震性に対する信頼性を高めるのは難しいよねぇ。
政府は、津波の事しか言っていないけれど・・・それじゃ済まないよねぇ。

廃炉にすべきだと思うけどね。
まぁ、なし崩し的に廃炉の方向かな?

どんな対策を取ろうが、絶対に安全なんてありえないし、
津波対策ができたところで耐震性の不安が解決しなければ、
再稼働のための地元同意は無理っぽいもんね。

しかし・・・
停止したからひとまず安全なんてありえないから。
変な安心感を持たないでほしいし、持たせないでほしい。
「停止中」も「稼働中」も同じくらいに危険でしょ?。

中途半端な安心感が一番危険。
停止中だって十分危険なことは周知しないと。

それと、本当に危険だと思うなら(危険だと思うけれど)、
早急に廃炉に向けた冷却をしていくべき・・・と思うケド。

政治家が責任を持って、廃炉命令を出してほしい。
要請じゃ、色々な意味で責任の所在が不明確になるからダメ。

しかし・・・他の原発も含めて、これから先、どうなっていくかな?

この記事へのコメント

2011年05月23日 20:02
廃炉って難しいみたいですね、
「原発がどんなものか知ってほしい」っていう、もと原発職員さんの書かれた文章があって賛否両論あるようですが、そこには「とんでもないお金と被爆が必要、結局廃炉にはできない、閉鎖するだけなんだ」って書いてあったりします。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page16

「100000年後の安全」っていう映画も話題になっているようです。負の遺産を後生に残してはダメですよね・・・・
ところん
2011年05月30日 22:50
○ちえのすけさんへ
 廃炉と閉鎖は違うんですね~。知りませんでした。取り出した燃料棒の処理だって上手いこといっていないし・・・。
 チェルノブイリも、コンクリート(かな?)で覆っていても、年月がたつと放射能が漏れだして、更に大きい囲いで覆わないとダメらしいですものね(曖昧な知識です)。