避難するより・・・

避難を余儀なくされている川内村の方の一時帰宅が行われたが、
帰宅した方にも、持ち帰ったものにも、除染は必要なかったそう。

ずっと、2か月間、外気に触れていたものもあっただろうに。

つまり、これは、発がん等の健康被害の可能性が急激に増える・・・
そういったレベルではないということなんだろうか?

同心円状の区域設定の問題点は知っているし、
拡散の状況もなんとなく知っているが、判断できる知識がない。
避難地域の設定がいいのか悪いのかはよくわからないので、
そういう議論は置いておくとして・・・・

避難所生活を送ることで、体調を悪化させたり、
精神的に参ってしまっている人もおられる。

10年後20年後に発がん等の健康被害を起こすリスクと、
実際に避難生活を送ることで健康被害を起こすリスク、
果たしてどちらが大きいんだろうか・・・?

自分のことに置き換えてみると・・・
長男や孫(いないけど)だったら避難してほしいかもしれない。
細かな数値や危険性が把握できていないので、なんとも・・・。
福祉サービスが受けられるのなら、アリスはそのまま生活させたい。
私は・・・どっちでもいいや。
親なら、親が望むように・・・そのまま生活したいのならそうさせたい。
そして親はおそらく、そのままの生活を望むと思う。

70代後半や80歳超えて、
将来の健康被害を考えてストレスの多い避難生活を送るよりも、
今現在、穏やかに過ごせるほうが、どう考えても幸せだと思うから。

「健康被害あっても自己責任」の同意書を書いても考えは変わらないだろう。

もちろん、「危険」な地域は仕方がないと思うけれど、
何時間かその地域に入っても問題ないような地域・・・
つまり、食料やら日常生活用品やらが十分届けられるような地域・・・
そんな地域は、避難されている方々の実情に合わせて、
もっと柔軟性のある避難でもいいんじゃないかな?

今回の一時帰宅の報道を見て、そんなことを感じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年05月23日 19:52
判ります~。南相馬市でも、老人介護施設は「動かすことのリスクが大きすぎる」ということで、従業員に線量計をつけさせることを前提に事業の継続が認められましたものね。

50歳以上だと、どうやら影響は顕著じゃあないそう(とはいっても個人差あるとは思いますが)
個人的には福島県の中通りまでの子供たちは速攻避難させてほしいです。まじに福島は東北といえども、夏は暑い!!!!!のです。締め切った学校で外にも出られないなんて可哀想すぎる(;;)そちらで疎開を受け入れているようなところはないでしょうか?
ところん
2011年05月30日 22:39
○ちえのすけさんへ
 外部被ばくばかり取り上げられているけれど、子供たちの行動を見ていると、内部被ばくも恐いなぁと思っています。学校だけじゃなくて、通学路とかいろいろな所も条件は一緒だし、もっと汚染マップを詳細に作って、危ない地域は即刻避難させてあげてほしいと思います。
 小さな集団なら山村留学とかあるなぁ。どこの自治体でも、林間学校とか○○青年の家とかあるから、そんなところに集団疎開できるといいんですけどねぇ。でも、期間が長くなると、特に小さい子供たちは辛いかなぁ。